忍者ブログ
舌癒着症のブログです!舌癒着症の会作成の冊子より引用してます。
| Admin | Res |
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正常な児のおっぱいの飲み方は、舌を突き出して乳首を包み、
乳輪部を咬んで反射を起こさせて口腔内に溢れ出てきた乳を咀嚼して飲みます。
このとき(舌を前に突き出すと)喉頭蓋・喉頭は上に持ち上がり鼻腔とつながり、
飲みながら呼吸が出来ます。


舌癒着症の児は、舌全体が前についていて、喉頭蓋・喉頭・気管が上の方に片寄っています。
このため、おっぱいを飲もうとして舌をだすと鼻と喉頭がズレて気が出来なくなります。
おっぱいが飲めないのは、舌の動かし方が悪いのではなく、呼吸が苦しくて飲めないのです。


それでも児は飲もうとして、舌を出すかわりに乳首を口の中に深く吸い込み
舌で無理矢理、乳首を吸います。
その為に乳輪を歪めたり潰したり、乳首に擦り傷をつけます。
また舌体の吸運動で舌の上が肥厚して白くザラザラしてきます。
これでますます乳頭を傷つけるようになります。


吸う運動ばかりなのでほっぺの筋肉が肥厚して頬が腫れて見えます。
咬筋を使うチャンスが減り顎の発育が悪くなります。こめかみがへこんでいます。
おっぱいを飲みながら寝てしまうことが多く見られます。
おっぱいを飲んでいる最中、気管におっぱいが入りやすいため、
むせることが多い舌癒着症の赤ちゃんは、酸素飽和度が急に下がってしまいます。
すると、最後まで飲みきれずにやめてしまったりします。


その他、吸啜障害のもう一つに、脈の上昇があります。
おっぱいを飲みはじめて急に脈が上がりますと、疲れてやめてしまい脈が下がります。
脈が下がるとまた飲みはじめ・・・、と繰り返し、最後には疲れ果てて眠ってしまいます。
この時は、過呼吸の状態になり、全速力で走っているのと同じ状態になってしまいます。


これでは、おっぱいを飲むのも大仕事になってしまいます。
指しゃぶりも舌癒着症の子供に多い現象です。
指をしゃぶったり、おっぱいを吸っていないと眠れない子供は、
しゃぶっていると呼吸が安定しています。
どうやら、指しゃぶりは無呼吸による、低酸素状態を回避する為に始まるようです。
(指を外すと無呼吸が出てきます。)
PR
    HOME    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)舌癒着症 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]